Testimonials: M.N.

Testimonials: M.N.さんの体験談

合格体験記

 

★REVEの魅力★
REVEとの出会いは、TOEFLとGMATでお世話になった講師からの紹介でした。
それまでにも大手予備校で出願準備の講座を受けましたが、私には違和感がありました。それは、全ての出願プロセスが順調に進み、スケジュール通りにこなせている人であれば大手予備校でも問題ないと思いますが、私のようになかなか目標の点数が出ず、テスト対策と出願準備の同時進行を強いられる受験生には、細かいところまでフォローが必要だと思うからです。私は、約2年半REVEにお世話になりましたが、それぞれの状況に応じて親身にサポートしてもらいました。そして最後に私の合格を聞いて涙を流してくれました。REVEのカウンセラーは受験生への強い思いがあります。REVEのカウンセラーは生徒を単にクライアントとして接するのではなく、受験生それぞれの悩みや喜びを一緒に体感してくれるパートナーのような存在です。プライベートなことも親身に話を聞いてくれ、一人一人に合った受験プロセスを提案してくれます。
以下に、私の受験プロセスを振り返って感じたREVEの魅力を3点述べさせてもらいます。

1.合格実績
REVEのカウンセラー達は改めて言うまでもなく、これまで多くの日本人を世界中の大学院に合格させた実績があるトップカウンセラーです。私が知っているだけでも、米国/欧州のトップ20校と言われている全てのMBAコースに、日本人を合格させた実績があります。私とのカウンセリングでは、メールやスカイプベースではありましたが、エッセイの構成やどのエピソードを採用するか、お互いの意見を言い合い、エッセイの内容を深める作業を繰り返し行いました。アメリカと日本で時差はありますが、朝起きると前夜に出したエッセイが添削されて帰ってくるので問題ありませんでした。
エッセイやインタビューのネタとなる自己分析をしてくれた日本人のカウンセラーは、これまで数百人という受験生をカウンセリングしてきた実績があります。カウンセリングを受けることで、私の内面を深く掘り下げ、私のビジョンを形成した出来事や将来のビジョンが明確になりました。また、どんな生徒でも平等に接してくれます。多くのカウンセラーは、自分の実績を上げるために合格の可能性が高い生徒だけをクライアントにしたがる人が多いように感じます。しかし、Reveは出願カウンセラーでありながら、TOEFLやGMATで悩んでいる生徒のために、メーリングリストで他の受験生にアドバイスを求めてくれたり、過去に同じ悩みを抱えていた受験生の克服方法をアドバイスしてくれるなど、出願カウンセラーの枠を越えたサポートを提供してくれます。


2.Life-long Relationship
エッセイカウンセリングやインタビュー対策では、カウンセラーと1対1のやり取りが続くため、担当以外のカウンセラーや他の受験生とのつながりがあまりないと思いますが、私は、REVEを通じてGMATの勉強会や飲み会、メーリングリストで20人以上の受験生と知り合うことができました。特に、REVEの受験生は誰かが困っているとメーリングリストや勉強会を通じてお互い助け合うカルチャーが培われています。私の場合は、六本木ヒルズでGMATの勉強会をした仲間とは苦楽を共にした戦友のような存在です。また、毎年6月ぐらいにREVEのOB/OG、合格者、次の受験生が集まる会が催されています。そこでも同じ目標を持つ仲間や先輩と出会うことができます。REVE卒業後もalumniとしてメーリングリストで繋がっているので、生涯関係が続くコミュニティーだと思います。

3.高い職業倫理
受験生が作成したエッセイに対するREVEのカウンセリングは、高い職業倫理のもとで行われています。カウンセラーの中には、短期的な実績だけを追求するあまり、カウンセラーが受験生のエッセイの多くを書き直して、ストーリーを作り上げるなどの話を聞きます。
しかしREVEでは、受験生が書いた内容について担当カンセラーが何度も質問することでエッセイの内容を深めて行きます。意見が異なれば、そこでディスカッションが始まり、結果的により魅力的なエッセイに仕上がります。私は、このような観点からも、REVEは非常に高い倫理観を持った質の高いカウンセリングを提供していると思います。

 

★受験生へのメッセージ★
MBA受験は孤独と不安との戦いでもあります。多くの人が仕事と家庭を持ちながら、受験を進めていると思います。私もこのような環境の中で、思うように進まず何度も途方に暮れたことがありました。しかし、諦めようと思ったことは一度も有りませんでした。その原動力は、周囲の理解があって受験ができる感謝の気持ちと、自分の限界を打ち破りたいという強い思いがあったからです。高いモチベーションがあれば、なかなか結果が出なくても、原因を分析して試行錯誤することで、必ず達成できると私は信じています。どうしても実現したいことであれば、「限界を越えてやろう!」という意気込みで受験を乗り切ってください!