Testimonials: M.K.さんの体験談

【バックグラウンド】
 2005年に私立大学の商学部を卒業後、資産運用会社に勤務。2008年より留学を意識し始めたものの社費留学選考に落選し、私費で留学することを決意。ロータリー奨学金を取得後、2009年夏よりReve Counselingにお世話になり、2010年3月、受験した米トップスクール6校のうちChicagoとKelloggの2校から合格をいただいた。 


【Reve Counselingについて】
 取り立てて輝かしいキャリアがある訳でもなけれ ばGMATのスコアが高い訳でもない、そんな私のトップスクール合格は、Reve Counselingなくしてはあり得ませんでした。また、単に合格出来ただけでなく、ありのままの自分をエッセイに反映させることが出来た結果、自分に合っている学校から合格をいただくことが出来たと感じています。Reve Counselingでは、カウンセリングプロセスおよび結果の両方において、大変満足のいくサービスを得ることが出来ました。 Reve Counselingの魅力について、以下の3点を述べさせていただきたいと思います。 


1. 強みを最大限に引き出してくれるカウンセリング力
 勝てるMBAの出願エッセイには、自 分がどんな人間であるのかを伝え、説得できるようなストーリーが必要です。過去の様々な経験の1つ1つが自分という人間の形成に影響 を及ぼしている訳ですが、その中のどのエピソードがユニークで強みとなり得るのか、Reve Counselingを利用するまでは分かりませんでした。カウンセリングを受けたことで、それまで他人にほとんど話したことのないようなプライベートな過去の出来事や想いなどを話し、それをエッセイに落とし込むことになりました。会ったこともない相手に不思議と心を開いて話すことができたのは、田中さんとCeciliaへの信頼と安心感があったからこそだと思います。また、それまで失敗だと思っていた過去の経験が、実はユニークな強みになることを知り、驚いたのと同時に、その気付きが今の自分の自信にもつながりました。MBAのトップスクールを目指すような人間は多くの卓越した成功体験を持っていることから、MBAスクールの好みそうな成功体験をエッセイにするとかえって差別化が難しくなるように感じました。一方、私の場合は自分にしかない経験を強みとして上手くエッセイで表現できたことが、合格へとつながったと感じています。ありのままの自分を出すことが出来る安心感と、その中からユニークな強みを見つけ出してくれるカウンセリング力により、Reve Counselingは私にしかない強みを最大限に活かすエッセイ作りをサポートしてくれたと思います。 


2. 自分で書きあげるエッセイ作り
 出願にあたっては、1校につき3~4つのエッセイを作成しますが、Reveのエッセイカウンセリング方式は基本的には自分で書き上げるというものでした。私が書いた内容に説得力がない時は、Ceciliaは質問を問いかけたり方向性を示したりすることで、私が再考しうまく修正出来るよう導いてくれました。また、英語の表現をより的確なものに変える、取り上げるネタや文章の構成を提案する、それぞれの学校の特徴を把握した上でどの部分を前面に出して行けば良いかをアドバイスをする等のサポートはありましたが、内容自体を大きく加筆・修正されることは基本的にはありませんでした。従って、各学校の特徴に合わせて多少の違いはあったものの、基本的には自分の経験や想いが正直に反映されている偽りの無いエッセイを仕上げることが出来ました。その結果、自分に合っている学校から合格をいただくことが出来たと感じています。 


3. きめ細かいサービスから得られる安心感
 Reve Counselingでは、MBAの出願に付随する様々なプロセスにおいてきめ細かいサポートをしていただきました。MBA合格までの道のりは大変長く、その過程でなかなかインタビューの連絡が来ない、良いエッセイが仕上がらないなどのさまざまな困難に直面しました。どこにも合格できないのではないかという不安は、Reve Counselingのサポートなくしては乗り越えられなかったと思います。例えば、出願のスケジュール管理、エッセイの進捗状況など、日次ベースで細かいところまでアドバイスをしていただけたことは、一緒に闘ってくれる味方がいるのだという強力な精神的支えとなりました。また、出願にあたってはエッセイやインタビューのみならず個人情報の入力や入学審査官とのメールのやり取りなど、緊張の場面が多々ありましたが、全ての工程においてチェックをしていただけたことから、出来ることは全てやったという安心感を持って出願を進めることが出来ました。競争激化の中で、礼儀作法や出願書類の綴り間違いなどの些細なミスが致命的な 結果になってしまう可能性も否定できない中、Reveのおかげで抜かりなく出願を進めることが出来たと思っています。 


 夢への一歩をサポートして下さったReve Counselingに、この場を借りて心より御礼申し上げます。これから受験される皆様は、不安なことがあれば何でも相談し、全力を尽くせば必ず良い結果が来ると思います。ご健闘をお祈りしております。